よく噛んで食べましょう

食事の際は、食べようと思った物を気軽に口へ運んで幾度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後も身体は実に律儀に活動し続けて食物を身体に取り入れるように努めているのだ。

鍼灸用のハリを痛みの発生源に刺す、という直接的な複数の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名称のいわば電気信号の伝達を起こすのではないかという見解が一般的です。

バイ菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺に進入して罹患し、左右いずれかの肺が炎症反応を示している様を「肺炎」と断定しています。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてタバコを吸う事・お酒・隠れ肥満等のライフスタイルの悪化、ストレスに縁って、こと日本人に増加しつつある疾患です。

70代以上のお年寄りや慢性病を患っている方は、より肺炎に弱く完治までに時間がかかる特徴があるため、予め予防する意識や迅速な治療が肝要なのです。

お薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等を酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒と称しており、多機能な肝臓が果たす主要な役割分担の一つであることは間違いありません。

スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが因子になって慢性の睡眠不足となり、次の日起きてからの業務に思わしくない影響を与えることも考えられます。

一度永久歯の周囲を覆っている骨を減らしてしまうほど拡大してしまった歯周病は、たとえ症状自体が落ち着くことはあっても、なくなったエナメル質が元の量に復元されることはないのです。

寝姿を見ることで、高齢者がセラピーアニマルのことをすごく可愛いと感じるとオキトキシンが多く分泌されれば、ストレス緩和や癒しにつながるのです。

めまいが診られず、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も繰り返すケースを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」と診断するようなケースもあるそうです。

日々繰り返される規則正しい暮らしの保持、満腹になるまで食べないこと、程よい体操等、アナログとも思える身体に対するおこないがお肌の老化防止にも活用されるということです。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先がしびれたり脚の浮腫みなどが中心で、症状が進行すると、最も重症のケースでは心不全を呼び込むことがあるのです。

開放骨折によりたくさん出血した状態だと、低血圧になって目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が現れることがよくあります。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38℃以上の高い発熱が特徴だといえます。

子供の耳管の作りは、大人と比較して太くて長さがあまりなく、且つ水平に近いため、雑菌が侵入しやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎にかかりやすいのは、この作りが関係しています。

ダイエットと体調

複雑骨折したことによりひどく出血した際は、血圧が下がって眩暈や冷や汗、胸のムカつき、失神などの様々な脳貧血の症状が見られる場合もあります。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに機能する糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、厳しいダイエットではこうした体調を保障するために欠かすことのできない成分までもを欠乏させる。

アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから30日後、製薬市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるという薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国で親しまれているという現実があります。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常によって起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる原因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが大きいと考えられているのです。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足が無感覚になったり脚の著しいむくみなどが象徴的で、進行すると、最も重症の場合、心不全を連れてくる可能性があるということです。

まず間違いなく水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏にできる皮膚病として認知されていますが、白癬菌が感染する場所は足だけではないので、体の様々な部位に感染する危険性があるので注意してください。

2005年2月1日より新しく特定保健用食品の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文句を表示すること食品メーカーに義務付けられている。

暗い場所だと光不足のためものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要な力が使われてしまい、日の差す場所でものを見るよりも疲れやすくなるといえます。

常識で考えると骨折はしない程度のごく小さな力でも、骨の一つの個所に幾度も繰り返しひっきりなしに力が加わると、骨が折れることもあるようです。

多機能な肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、糖尿病のみならず多くの病を誘引する可能性があります。

体重過多に陥っている肥満は大前提として摂取する食物の内容や運動不足が要因ですが、量は変わらないごはんでも、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって肥満(obesity)の状態を招く結果になります。

日常的に肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日履くというようなことは身体の上下左右の均衡を悪化してしまう要因になります。

学校や幼稚園などの大勢での集団行動において、花粉症が原因で他の友達と同様に思いっ切り行動ができないのは、本人にとって腹の立つことです。

30才代で更年期になったとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患を指します(我が国の場合は40歳未満の女の人が閉経することを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。

体脂肪量は変動が見られず、体重だけが食事や排尿等で一時的に増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率は低下し、体重が減れば体脂肪率が上昇するのです。

特殊な技法で正しい内臓を正しい位置へ?

美容とは、顔の化粧、整髪、服飾などの方法で容貌や外見をより美しく装うために手を加えることを指す。かつて江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたらしい。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を服薬だけで良くしようというのは無理があると言えます。習慣や趣味など暮らし全体の捉え方まで拡大した診察が重要になります。

本来28日周期のターンオーバーが遅れると、ありとあらゆる肌の老化現象やトラブルを引き起こします。老けて見られるシワ・シミ・くすみ・クマ・たるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、言い出せばキリがないくらいです。

軟部組織マニプレーションというものは一部の筋肉や骨のおかげで位置以上を起こした内臓を元来収まるべきポジションに戻して臓器の動きを正しくするという技法です。

メイクの利点:メイク後は自分の顔立ちを少しだけ好きになれる。顔に点在する面皰跡・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷を隠すことができる。段々とかわいくなっていくワクワク感。

メイクの悪いところ:泣くと修羅そっくりの顔になってしまう。ほんのちょっと多くなっても派手になったりみすみす地雷を踏んでしまうことになる。素顔をごまかすには限界というものがある。

身体中に存在するリンパ管と並行するようにして進む血行が鈍化すると、必要な栄養や酸素がうまく移送されず、結果として不要な脂肪を多く定着させる元凶となります。

最近見直されている頭皮ケアはまたの名をスカルプケアとも名付けられているお手入れ方法です。頭皮はヘアの症状である「脱毛」「薄毛」に深く繋がっていると同時に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響を及ぼすと考えられています。

顔の加齢印象を強める重大な素因のひとつが、歯に固着した”蓄積くすみ”です。歯のエナメル質には、見えないデコボコがあり、普段の暮らしの中で茶色い着色や煙草の脂汚れが蓄積していきます。

むくむ要因は諸説ありますが、気候の影響も少なからずあるって知っていましたか。気温が上がりたくさんの水分を摂り、汗をかく、夏にこそ浮腫む原因が内在するのです。

内臓が健康かどうかを数値で見ることができる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人の自律神経の様子を調べることで、内臓の具合をモニタリングできるという革新的なものです。

アトピー主因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)の中から一つ、又は複数)、IgE 抗体を生成しやすい原因、など。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などを利用して容姿や外見をより一層美しく装うために手を加えることを指す。なおかつ、江戸時代には化粧(けわい)と同様に使われていたようである。

20~30代に出現する難治性の“大人ニキビ”の社会人が徐々に多くなっている。10年以上しつこい大人のニキビに悩まされてきた方が専門の皮膚科にやってきている。

健康食品などで知られるヒアルロン酸は人の細胞と細胞の間に多数存在しており、水分の維持やクッション材のような働きをして大切な細胞を守っていますが、年齢を重ねるにつれて体の中のヒアルロン酸は少しずつ減るのです。

ポリフェノールの特徴

ポリフェノール最大の長所はV.C.(ビタミンC)やV.E.などとは性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果があるそうです。

クモ膜下出血とはその8割以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできた瘤(こぶ)が破れることが理由となって罹患してしまう脳の病気だと多くの人が認識しています。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮静化させ、色々な覚醒などを司っていて、大鬱病の患者ではその働きが鈍くなってることが分かっているのだ。

真正細菌の一種である結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることで空中に放出され、空中でふわふわと動いているのを違う人が空気と一緒に吸い込むことによって感染していくのです。

音楽の公演の開催場所や踊るための広場などに置かれているとても大きなスピーカーの真ん前で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体の中の脂肪が占有するウェートを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重×100」という数式によって確認できます。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を有していない普通の人でも取り扱うことのできる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に従っておこなうことで、心臓の心室細動に対しての治療の効力を発揮してくれます。

トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる作用が一番知られてはいますが、それ以外にも肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが確認されています。

塩分や脂肪の大量摂取は控えて無理のない運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を予め防止するポイントだといえます。

常在細菌のブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めて強力な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒素が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けられるのです。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caの吸収を促進するという働きで有名であり、血液中のCa濃度を調整して、筋繊維の動き方を操ったり、骨を生成したりしてくれます

肝臓を健やかにキープするには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが有効だと考えられます。

「肝機能の悪化」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値で確認することができますが、ここ数年間で肝機能が衰退している日本人の数が徐々に増加傾向にあるとの報告がありました。

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭くなって、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養を心筋に配達できず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなるという重い病気です。

目と目を合わせることなどで、要介護者がセラピーアニマルを可愛らしいと思った時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和やヒーリングなどにつながるのです。

耳鳴り

耳鳴りにも種類があり、当事者しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用すると聞こえてくると言われる「他覚的耳鳴り」があるのです。

子供の耳管の作りは、大人の耳管と比較すると太めで短い形状で、かつ水平に近いため、ばい菌が入りやすいのです。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、四肢がマヒしたり脚の著しい浮腫などがよく訴えられ、病状が進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があるそうです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も患者数の多い中耳炎で比較的子どもに発症しやすい病気です。強い耳の痛みや38度台の発熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などの色々な症状が発生するのです。

消化器科で診てもらう急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染が原因の場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に高熱も出るのが通例だといえます。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在するのです。

トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ作用が一番知られていますが、他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが知られています。

常日頃から横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ハイヒール等をよく履くというような習慣は身体の上下左右の均衡を悪化してしまう元凶になります。

AIDS(エイズ)とはHIVの感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全を引き起こして些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性新生物などを複数併発する病状のことを総称しているのです。

物を食べるという行動は、食べたいと感じた物をなんとなく口へ運んで数十回噛んで飲み下して終わりだが、その後も人体は実によく動き異物を人体に取り込むように努めているのだ。

体脂肪量には変化が見られないのに、体重だけが食事や排尿などにより一時的に増減する時は、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上がるのです。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常であればヒトを癌にさせない役割をする物質を生成するための型である遺伝子の不具合によって発病してしまう病気です。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のビタミンCや脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があります。

ともすると「ストレス」は、「無くすべき」「取り去るべき」ものと捉えがちですが、本当は、ヒトは大なり小なりのストレスを経験するからこそ、生活していくことが可能になっています。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を活用するために欠かせない回路に取り込ませるため、再度クラッキングするのを促進するという機能もあるのです。

足にできたの水虫?

昨今、若い世代で結核(けっかく)に対抗するだけの力を持たない人達が多くなったことや、自己判断のために診断が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染が増えています。

吐血と喀血、2つとも口腔からの出血ですが、喀血というのは喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血の方は十二指腸よりも上の消化管から出血する症状を表しているのです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手の平や足の裏指と指の間などにプツプツとした小さな水疱がみられる病状で、一般にはあせもと呼び、足の裏に現れると水虫と早とちりされるケースもよくあります。

もう永久歯の表面のエナメル質を脆くさせるまでに症状の進んでしまった歯周病は、悲しいことに進行具合が治まったとしても、無くなった骨が元通りになることはまずありません。

薬、酒に含まれるアルコール、化学的な食品の添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する活動を解毒と呼び、肝臓の大事な仕事の一つなのです。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖質、人の細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらのように体調を整えるために欠かせない成分までも欠乏させてしまっている。

演奏会やライブなどの場内やクラブハウスなどに備えられているとても大きなスピーカーの真正面で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響外傷」と称しています。

ハーバード大学医学部の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェインの取り除かれたコーヒーに変えることで、あの直腸がんの危険性を半分以上も減らせたそうだ。

必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や適度な運動は当然のことながら、心身両面の健康や美を目的とし、食事とは別に様々な成分のサプリメントを摂取する行為が珍しくなくなったようです。

暴飲暴食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身のストレス、加齢というような様々な因子が融合すると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。

急性中耳炎は、最も多い中耳炎で比較的子供によくみられます。強烈な耳痛や38度以上の熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などが出るのです。

肝臓を健やかな状態に維持するには、肝臓の解毒作用が低くならないようにすること、即ち、肝臓の老化対処法をコツコツと実践することが効果的だと言われています。

大抵は骨折を起こさない程の僅かな圧力でも、骨の同一の部分に複数回にわたって途切れることなく力が加わることで、骨が折れてしまうことがあるので気を付けましょう。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、ほとんどの場合は股間の辺りだけに拡大し、激しく運動したり、風呂上りのように体が温まった時に強烈な掻痒感があります。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭まって、血流が停止し、大事な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋細胞自体が死んでしまう深刻な病気です。

パソコンと肩こり

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまい、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることによって発症に至るという自己免疫性の糖尿病なのです。

緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首筋の凝りから生じる最も一般的な慢性頭痛で、「締め付けられる強烈な痛さ」「頭が重いような鈍い痛み」と表現される症状が特徴です。

目と目を合わせることで、被介護者がセラピーキャットをとても愛おしく思う時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたり癒しに結びついています。

アルコールや薬、合成保存料を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する働きを解毒と呼び、多機能な肝臓が果たす最も重要な活動のひとつであることは間違いありません。

脂溶性であるV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを支える働きが知られていて、血液の中のカルシウムの濃度を操作し、筋肉の機能を操作したり、骨を作ってくれます。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効してしまった後に購入できる、新薬と変わらない成分で経済的負担が小さくて済む(金額が安い)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

コンサートやライブなどの場内やクラブハウスなどにあるすごく大きなスピーカーの真横で大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷」と呼んでいます。

BMIを計算する式はどの国も同じですが、数値の評価基準は各国それぞれ違っていて、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合だと低体重と決めています。

くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出量に追従して悪化してしまうという特徴があると言われています。

結核への対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準ずる形で行われてきましたが、56年後の2007年からはその他の感染症と一括りにして「感染症新法」に沿って行われる運びとなりました。

拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に大きな負担がのしかかり、頭のてっぺんから足の爪先まであちこちの血管にトラブルがもたらされて、合併症になる度合いが大きくなります。

骨を折って酷く出血した際は、血圧が下がって眩暈や冷や汗、悪心、顔面蒼白、意識消失発作などの不快な脳貧血の症状が起こるケースがあります。

ハーバード医科大学(HMS)の調査データによると、1日あたり2カップ以上ノンカフェインのコーヒーに変えれば、直腸癌の発症する確率を半分も減少させることができたのだ。

耳鳴りには種類があり、本人しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンなどを使ってみると感じるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分かれていますが、中耳付近に様々なバイ菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる病気を中耳炎と言っています。

食べ過ぎて胸焼け

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、1週間もちゃんとお薬を飲めば、普通、多くの患者さんの自覚症状は消失しますが、イコール食道の粘膜の炎症そのものが根治したとは断定できないのです。

眩暈がなく、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴のみを何度も発症する症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」と呼ぶようなこともあることは意外と知られていません。

物を食べる時は、食べようと思った物を気軽に口に運んで20回前後咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後も体はまことにまめに機能し異物を身体に取り込む努力をしているのだ。

鍼を皮膚に刺してもらう、という直接的な程よい多数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われている謂わば電気信号伝達を発起させるという考えが浸透しています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓から分泌される解毒酵素の順調な発生を支えているのではないかという事実が明らかになりました。

結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準ずる形で実施されてきましたが、2007年から結核以外の感染症と一括りにして「感染症新法」という法律に従って実行される運びとなりました。

いんきんたむしは比較的若い男の人多く確認されており、ほとんどの場合は股間の辺りにのみ広がり、激しく身体を動かしたり、お風呂上りのように体が熱くなると強烈な痒みに苦しみます。

緊張型頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首筋の凝りによる日本人に多い頭痛で、「まるで締め付けられるような頭痛」「ドーンと重苦しいような痛さ」と表現される症状が特徴です。

内臓脂肪過多による肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上相当するケースのことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けています。

常日頃からゴロンと横向きのままでテレビを視聴していたり、長時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履いたりというようなことは体の左右の均衡を乱れさせる原因となります。

最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や肝硬変のみならずいろいろな疾患の合併症の誘因となる可能性が高いと考えられています。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通、人をがんから保護する役目をする物質を作り出すための型のような遺伝子の不具合が原因で発病するというのは周知の事実です。

手ごわいインフルエンザに対応している効果的な予防法や治療法等の必ず行う対策自体は、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。

トコトリエノールの作用の中では抗酸化機能が一段と有名ではありますが、この他に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが知られています。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の著しい浮腫みなどが典型で、症状が進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全なども呼び込む可能性があるようです。

ストレス発散にはお酒がいいです

ストレスが溜まっていく理屈や、簡単なストレスのケア方法など、ストレスについて基本的な知識を持っている方は、現時点ではまだ少ないようです。

お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒と称しており、肝臓の大事な活動のひとつであることは間違いありません。

ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路に取り込ませるために一層クラッキングするのを助けるという動きもあるのです。

トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ作用が一番知られてはいますが、更に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりするということが知られています。

吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血とは喉から肺をつないでいる気道(きどう)から血が出ることであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る病状を言い表しているのです。

前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲンが大変深く関連していて、前立腺に出現した癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に影響されて大きく成長します。

BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも同じですが、値の評価は国によってそれぞれ少しずつ違い、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上を肥満、BMI18.5未満を低体重と位置付けています。

1回歯の表面を保護している骨を脆くさせるほど拡がってしまった歯周病は、あわよくば病状自体が安定することはあっても、なくなった骨が元の量に構築されることはないでしょう。

骨を折ってひどく出血してしまった状況では、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識消失発作などのいろんな脳貧血の症状が出る場合があります。

結核をもたらす結核菌は、菌に感染している人が咳き込むことによって外気の中に撒かれ、空中にフワフワ流されているのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことで次々に感染します。

不整脈の期外収縮は、健康な人にも発生することがあるので深刻な疾病ではないのですが、同じような発作が続けてみられるケースは危ない状態です。

必要な栄養素を網羅した食生活や適度な運動は無論、心身双方の健康やビューティーを目的として、サブに色々な成分のサプリメントを摂取する行為がまったくおかしくなくなってきていると言われています。

体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖、新陳代謝に必須の蛋白質など、過度のダイエットではこの活動を確保するために絶対欠かせない栄養までもを減らしてしまう。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究結果によって、ワクチンの効果が見込まれるのは、注射した約14日後からおよそ5カ月ほどということが分かりました。

環状紅斑は環状、つまりは輪っかのような円い形状をした赤い色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な名前であり、その誘因は実に多種多彩なのです。

ノンカフェインコーヒー

エイズというのはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名であって、免疫不全となって些細なウイルスなどが原因の日和見感染やがん等を発症する病状のことを指しているのです。

ハーバード医大(HMS)の調べによると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上ノンカフェインコーヒーを飲むと、驚くことに直腸癌の発生率を約52%減少させることができたのだ。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、皮ふに良くない影響をもたらすことになります。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、いわゆる輪っかのような円い形をした紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ症状の総合的な病名で、誘因は本当に多種多彩だということができます。

ポリフェノール最大の働きは水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.などとは性質が異なり、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも抗酸化作用をいかんなく発揮します。

子供の耳管の特徴は、大人のそれに比べると太い上に短めの形であり、又ほぼ水平になっているため、雑菌が入りやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、これが関係しています。

ものを食べるという行為は、食べたいと感じた物をなんとなく口に入れたら何度か咀嚼して嚥下するだけだが、その後も身体はまことに健気に機能し食物を人体に取り込む努力を続ける。

World Health Organizationは、身体に害を与えるUV-A波の極度の浴び過ぎが皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を広く世界中に提案しています。

ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足をイメージし、特に足指の間に発症する皮膚病だと思われていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、体の様々な部位にかかってしまう危険性があるので気を付けましょう。

アルコール、お薬、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素によって分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の果たす代表的な仕事のひとつです。

汗疱状湿疹とは主に手のひらや足の裏、指の間などに小さめの水疱が出る症状で、大抵はあせもと言われており、足の裏に出てくると足水虫と勘違いされることがよくあるようです。

めまいが起こらず、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も繰り返す症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶこともあるのです。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最もかかりやすい中耳炎で子どもに多くみられる病気です。強烈な耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などたくさんの症状が発生します。

学校や幼稚園等大規模な団体生活をしている中で、花粉症が原因でクラスのみんなと一緒に外で思いきり運動できないのは、患者さんにとっても辛い事でしょう。

緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首の凝りから起こる肩凝り頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛み」「頭が重たいような鈍い痛さ」と言われています。