化粧の欠点:メイク直ししなければいけない。洗顔して…

化粧の欠点:メイク直ししなければいけない。洗顔して素顔に戻った時に味わうがっかり感。コスメにかかるお金が嵩む。メイクしないとどこにも行けない一種の強迫観念。

我々日本人が「デトックス」に惹かれる理由の一つは、我々が暮らしている環境の汚染だろう。空気や土壌は汚れ、食べものには化学肥料や農薬がふんだんに使用されていると言われているのだから無理もない。

その上に日々のストレスで、心にも毒素はどんどん溜まり、同時に体の不具合も招いてしまう。「心も体も毒まみれ」という意識こそが、私たちをデトックスに駆り立てている。

もともと皮ふのターンオーバーは28日周期になっていて、常時肌細胞が作られ、一日毎に剥落し続けているのです。このような「毎日の生まれ変わり」によって皮ふは若々しい状態をキープしています。

あなたには、ご自分の内臓は元気だと言い切れる根拠がどのくらいありますか?“痩せない”“肌荒れが気になる”といった美容の悩みには、意外なことに内臓が関係しています!

残業、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当や食事の準備…。お肌に良くないということを分かっていても、日々の生活では満足できるような睡眠時間を持てない人が多いようです。

美容の悩みを解消するには、まずは自分の内臓の健康度を検査することが、解消への近道だといえます。果たして、一体どのようにすれば自分の臓器の調子が分かるのでしょうか。

化粧品の力を借りてエイジングケアをして「老け顔」にさよなら!お肌の質を把握して、あなたに合うスキンケアコスメを選択し、適切なお手入れをして「老け顔」とお別れしましょう。

美容にまつわる悩みを解決するには、まずは自分の内臓の具合を調べることが、解消への第一歩だといえます。それでは、一体どうすれば自分の内臓の健康度がみられるのでしょうか。

「デトックス」術には問題点や危険性は無いと言えるのだろうか。そもそも体に蓄積していく毒というのはどんな物質で、その「毒」は「デトックス」によって体外へ流せるのだろうか?

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を服薬だけで完治させようというのには残念ながら無理な話です。習慣や楽しめる趣味など暮らし全般の捉え方まで拡げた治療方法が重要だと言えます。

美白(びはく)という言葉は90年代の終わり頃に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が推奨してブームになったのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニン増加が原因の様々なトラブル対策のキーワードとして使われていたらしい。

ネイルケアそのものは爪をより美しい状態にして維持することを目的としているので、ネイルの違和感を観察しておく事はネイルケアのテクニックの向上に相当役立つし理に適っているのだ。

顔の弛みは要らなくなった老廃物や脂肪が溜まることにより徐々に悪化します。リンパの流れが鈍くなると様々な老廃物が溜まり、むくんだり、脂肪が溜まり、たるんでしまうのです。

例を挙げれば…今、パソコンを眺めつつ頬杖をついているのでは?実はこの癖は手の平の力を最大限にほっぺたに与えて、皮膚に対して余計な負荷をかけることに繋がっているのです。