下半身は心臓から離れているため、重力の影響でリンパ…

下半身は心臓から離れているため、重力の影響でリンパの流れが悪くなるのが普通だろう。むしろ下半身が浮腫むのは、リンパがやや滞留していますよという体からのサイン程度のものだと捉えたほうがよい。

クマを消そうと考えてフェイシャルマッサージをする女性がいますが、特に目の下の表皮は薄くて弱いので、ゴシゴシとこするように力任せにおこなう乱暴なマッサージは悪影響をもたらします。

もともと皮膚のターンオーバーは4週間周期になっていて、365日肌細胞が生まれ、一日毎に取り去られています。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しい状態を保ち続けています。

美白化粧品だということを正式に謳うためには、薬事法を取り仕切っている厚生労働省の認可が下りた美白物質(ほとんどアルブチン、コウジ酸等)が含まれている必要があるそうだ。

むくむ要因はたくさん考えられますが、気圧など気候による悪影響も少なからずあることをご存知でしょうか。気温が上昇したくさん水を飲み、汗をかく、この季節にこそ浮腫む因子があります。

よく女性誌や美容の本には、小顔になって肌がきれいになり、痩せる、デトックス作用が期待できる、免疫力の増進などなど、リンパの流れを整えれば何もかもがOK!などという謳い文句が掲載されている。

現代を生きる私達は、日を重ねるごとに体の中に溜まっていくという深刻な毒素を、多彩なデトックス法の力を借りて体外へ排出し、絶対に健康になりたいと皆努めている。

大方の場合慢性になるが、有効な加療により病気が統制された状況にあれば、自然寛解が可能な病気だ。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは実年齢より年上に見える主因。皮膚の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみを引き起こしますが、その他に暮らしの中の何気ない仕草も誘因のひとつです。

辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等におけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な問題、3.栄養、4.環境面での素因、5.1~4以外の要素の学説が主流だ。

あなたは、果たしてご自分の内臓は何の問題もないという根拠がどのくらいありますか?“全然痩せない”“肌が荒れる”などの美容にまつわる悩みにも、なんと内臓がキーポイントとなっています!

スポーツなどで汗をかいて身体の中の水分量が著しく少なくなるとおしっこの量が減らされて体温を調節する汗用の水分が溜められるため、この余った水分こそが浮腫みの原因になっていることは、あまり知られていません。

意識していなくてもPCのモニターに集中しすぎて、眉間にシワを寄せ、その上にへの字口(このスタイルを私はシルエットが似ているので「富士山ぐち」と名付けました)なのでは?これはお肌の大敵です。

美容とは、顔の化粧、結髪、服飾などの方法によって見た目をより一層美しく装うために形作ることを指す。なお、江戸時代には化粧(けわい)と同様に使われていたとのことだ。

内臓矯正というものは近辺の筋肉や骨が絡んで位置が合っていない内臓を原則あったであろう所にもどして臓器の作用を正しくするという治療法なのです。