美容とは、化粧、整髪、服飾などの手段でもって容姿、…

美容とは、化粧、整髪、服飾などの手段でもって容姿、容貌をより美しく装うために形作ることを指す言葉。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味のものとして使用されていたという記録が残っている。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力が関わってリンパの流れが悪化するのが通常だ。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパが少しだけ停滞しているという表れ程度のものだと解釈するほうがよい。

足などの下半身は心臓から遠いため、重力が絡むことによってリンパの循環が滞留するのが普通だろう。というよりも、下半身の浮腫はリンパがわずかに悪くなっているという表れ程度に捉えたほうがよい。

たとえば…あなたは今この瞬間、PCを見つめながら頬杖をついているとします。このクセは手のひらからの圧力をダイレクトに頬に伝えて、薄い皮膚に負荷をかけることに繋がっています。

押すと返す皮ふの弾力感。これを作り出しているのは、あのコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネの機能を持つコラーゲンが正常に肌を下支えしていれば、肌はタルミとは無関係でいられます。

20代になってからできる難治性の“大人のニキビ”が増加傾向にある。もう10年間もこうした大人のニキビに苦しみ続けている女性が皮膚科の医院の門をたたいている。

何れにせよ乾燥肌が日常の暮らしや環境に大きく関係しているのであれば、いつもの身のまわりの慣習に気を配りさえすればだいぶ肌の悩みは解消するのではないでしょうか。

健やかな体にみられるむくみだが、これは当然のこと。女の人は、脹脛のむくみを気にしているが、人なら、下半身のむくみ自体は自然な状態なので気にしなくても良いのである。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の素因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な因子、3.栄養面での問題、4.環境面での素因、5.その他の要素の意見などが挙げられる。

皮ふの細胞分裂を助け、お肌を再生させる成長ホルモンは昼間の活動中はほぼ分泌されなくて、日が暮れてからゆっくりと体を休めくつろいだ状態で出るからです。

美容外科(Plastic Surgery)というのは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を矯正することよりも、もっぱら美意識に従って人間の体の容貌の改善を重要視するという医療の一つで、独立している標榜科目である。

「デトックス」術にリスクや問題はまったく無いのだろうか。だいたい、体内に蓄積する毒物とは一体どのような物質で、その毒素とやらは果たしてデトックスで体外へ排出されるのだろうか?

美容外科の施術をおこなうことに対して、恥という感情を持つ患者も少なくないようなので、患者の名誉及び個人情報に損害を与えないような気配りが特に重要だ。

ホワイトニングというのは、メラニン沈着が少ない、ワンランク上の白肌を志すというビューティー分野の観念、及びそんな状態のお肌そのものを言う。主に顔面の肌について用いられることが多い。

内臓の健康の度合いを数値で確認できる有用な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人間の自律神経のコンディションをデータ化することで、内臓の具合を把握することができるという画期的なものです。