メイクアップのデメリット:泣く時にまるで阿修羅のよ…

メイクアップのデメリット:泣く時にまるで阿修羅のような顔になること。僅かに間違えると派手になってみすみす地雷を踏んでしまうことになる。素顔をごまかすには限界がある点。

メイクの長所:新しい商品が発売された時のドキドキ感。メイク前の素肌とのギャップに萌える。化粧品に資金をつぎこむことでストレスを発散される。化粧そのものの興味。

ここ数年で一気に浸透したデトックスとは、体の内側に蓄積してしまっている色々な毒を体の外へ出すという健康法のひとつで誰にでも行える代替医療に区分けされている。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美に主眼を置いたトータルな歯科医療分野のこと。歯が担う役割には物を噛み潰すなどの機能面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、2つとも健康に関係する外せない要素であろう。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、肌の弛みは確実に目立つようになります。明るく唇の両端を上げて笑顔でいるように意識すれば、たるみの予防にもなるし、何より見た目が良くなると思います。

あなたは、ご自分の内臓が何の問題もないと断言できる自信がどのくらいありますか?“ダイエットしてもやせない”“すぐに肌が荒れてしまう”などの美容に関するトラブルにも、実際は内臓の状態がキーポイントとなっているのです!

「デトックス」術にはリスクやトラブルは無いと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まっていく「毒物」とはどのような性質のもので、その「毒」は果たしてデトックスで体外へ排出できるのだろうか?

サンバーンを起こして出来てしまったシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、シミが作られないように事前に防護したり、肌の奥に潜むシミの赤ちゃんを遮断することの方が大切ってお分かりでしょうか。

美容とは、顔の化粧、結髪、服飾などの方法で容姿や容貌をより美しくするために形作ることを言う。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)と同じように使われていたという記録が残っている。

むくむ原因は色々考えられますが、気温など気候による作用もあるということを知っていますか。気温が上がり一日中汗をかく、この期間にこそ浮腫みになる因子があります。

加齢印象を強くしてしまう重大な原因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯のエナメル質には、見えないくらい小さなデコボコがあり、日々の暮らしの中で茶色い着色やタバコの脂などの汚れが溜まりやすくなっています。

ネイルケアは、爪や手指などのお手入れを指す言葉。美容だけでなく、健康、医師による医療行為、生活の質(QOL)の保全といったいろんな活躍の場が存在し、もはやネイルケアは欠かせないものと言っても過言ではない。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を混ぜた美肌水はお肌に優しく、ドライスキンの人に適しています。防腐剤や芳香剤など余分な成分を利用していないため、お肌のナイーブな人でもご使用いただけるのが特長です。

特に寝る前の歯のお手入れは大事。蓄積されたくすみを取り除くため、夜間は丁寧に歯磨きすることをおすすめします。ただ、歯みがきは回数が多いほど良いわけではなく、内容のクオリティに配慮することが大切です。

内臓が元気か否かを数値で測ることのできるありがたい機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、自律神経の様子をデータ化することで、内臓が健康かどうかをモニタリングできるという便利なものです。