明治時代の終わり頃に外国帰りの女性たちが、洋髪、洋…

明治時代の終わり頃に外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介した結果、これらを言い表す語彙として、美容がけわいの後続として使われるようになったとされている。

内臓の元気具合を数値で見ることができる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、自律神経の状況を調査して、内臓のコンディションを確認しようということです。

メイクアップのデメリット:崩れないようにお化粧直しをしないと見苦しくなる。クレンジングして素顔に戻った時のギャップ。メイク用品の出費が案外馬鹿にならない。メイクしないと家から出られない強迫観念のような呪縛。

むくみの要因はたくさんありますが、気温や気圧など気候による悪影響もあるということを知っていますか。気温が高くなってたくさん汗をかく、この期間にこそ浮腫む因子が隠れているのです。

メイクアップでは傷などを目立たなくすることに主眼を置くのではなく、リハビリメイクを通じて結果的に患者さん自身が自らの外観を受け入れて、社会復帰への第一歩を踏み出すこと、かつQOLを更に向上させることが目標です。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、色の濃いシミをほんの数週間で淡色に和らげるのにことのほか有効な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・肝斑(かんぱん)・しつこいニキビなどに効果的です。

下まぶたのたるみができると、男女関わりなく年齢より4~5歳上に見られてしまいます。皮膚のたるみは数あれど目の下は最も目につく部分です。

貴方には、自分の内臓が元気だと言える自信がどれだけあるでしょうか?“全然やせない”“肌が荒れる”などの美容の悩みには、実はなんと内臓がきちんと働いているかどうかが関わっています!

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応と関連している状態の中でも皮ふの慢性的な炎症(痒みなど)が伴うもので要するに過敏症のひとつである。

貴方は、果たしてご自分の内臓が元気だと言い切れる自信があるのでしょうか?“思うように痩せられない”“肌荒れが治りにくい”といった美容トラブルにも、実のところ内臓の機能が関係しています!

スカルプケアの主だった目標は健康な毛髪をキープすることです。髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛が多くなるなど、多くの方々が髪の困り事を秘めています。

きれいに見せたいと思った挙句にフェイシャルマッサージをする方がいらっしゃいますが、こと目の下は薄いので、雑にゴシゴシと指を動かすだけの粗っぽいマッサージであれば良くありません。

ほっぺたやフェイスラインのたるみは実年齢より年上に見られる要因です。皮ふの張りや表情筋の老化が弛みを引き起こしますが、それに加えて日常生活のささいな仕草も原因のひとつです。

ピーリングは、時間の経った要らない皮膚をピール(peel:皮をはぐの意味)し、まだ新しい美しい表皮(角質)に入れ替えて、新陳代謝を正常化するシンプルな美容法です。

医療がクオリティ・オブ・ライフを大切に捉える傾向にあり、製造業に代表される経済の向上と医療市場の急速な拡充により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)はここ2~3年脚光を浴びている医療分野なのだ。