レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、…

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色素の強いシミをほんの数週間で薄くして目立たなくするのに特に向いている治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに用いられます。

爪の生成行程は樹木の年輪のように刻まれるものであるが故に、その時々の健康状態が爪に出ることが多く、髪と等しく一目で判断しやすいため健康のバロメーターとも呼ばれているらしい。

私たちが提唱するリハビリメイクには、様々な体の機能に損傷をこうむった人のリハビリと同じように、外見にダメージを受けた人が社会へ踏み出すために習う能力という側面があります。

内臓の健康状態を数値で測ってくれるありがたい機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、自律神経のコンディションを数値化することで、内臓の問題を知ろうという画期的なものです。

夏場にたくさん汗をかいて体のなかの水分が減ると自然におしっこの量が減らされて汗のための水分が蓄えられ、このだぶついた水分が使われずに実は浮腫みの原因になると言われています。

20才を過ぎてから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の患者がじわじわと増加している。もう10年以上もこうした大人のニキビに悩まされている患者さんが当院に来ている。

アトピーという病名は「不特定な場所」という意味の「アトポス」というギリシャの言語を語源としており、「何かしらの遺伝的因子を保有した人にみられる即時型アレルギー反応に基づいた病気」のこととして名付けられたと言われている。

トレチノイン酸治療は、頑固なシミを数週間単位という早さで薄くして目立たなくするのに格段に有用な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑・吹き出物などによく効きます。

比較的女性によく知られているデトックスとは、人間の体の中に澱のように溜まっている色々な毒を排出するという古くからの概念を継承した健康法で美容法というよりも代替医療に区別されている。「detoxification」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、皮ふのたるみはますます進んでいきます。にこっと唇の両端を上げた笑顔を見せれば、弛み予防にもなるし、何より人に与える印象が素敵だと思います。

最近よく耳にするネイルケアとは、爪や甘皮などの手入れを指す。ヘルスケア、ビューティー、ファッション、医療、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全など多岐に渡る捉え方が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものとなっているのは言うまでもない。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力の関係によってリンパ液が悪くなるのが一般的だ。むしろ下半身に起こる浮腫は、リンパが少しだけ悪くなっているという印のひとつ程度に受け取ったほうがよいだろう。

押すと元通りになる皮ふのハリ。これを司っているのは、あのコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネのようなコラーゲンが安定して皮ふを下支えしていれば、嫌なたるみとは無縁なのです。

動かずに硬直したままでは血行も悪くなります。そうすると、目の下を筆頭に顔のあらゆる筋力が低下してしまいます。そこで顔中の筋繊維も適度にストレッチをしてあげて、時々緊張を解してあげることが重要です。

慢性的な睡眠不足は肌にはどういった影響を与えるのか分かりますか?その代表格のひとつは皮ふの新陳代謝が遅れること。健康なら28日単位である肌の生まれ変わるスピードが遅れがちになります。